体脂肪対策でダイエットお茶を選ぶ:プーアール茶

脂肪は、タンパク質・炭水化物とあわせて三大栄養素といわれています。そしてその役目は、体温の保持と内臓の保護です。したがって適切な量であれば人体に必須です。

さて体脂肪を減らすにはどうすれば良いのでしょうか。一番効果的なのは有酸素運動です。朝食前の30分のウォーキングで効果があります。血中・筋組織中の糖が少ないタイミングなので、運動開始から非常に早く脂肪酸となって筋肉の組織に吸収され、取り込まれた酸素で燃焼するという仕組みです。

さてダイエットお茶にはこの有酸素運動とよく似た働きが期待できるものがあります。それはプーアール茶です。

体脂肪は、そのままの形では燃焼させることはできません。したがって体脂肪を燃やせる形に変換する必要があります。すなわち遊離脂肪酸です。この変換を助けるのがリバーゼという酵素であり、プーアール茶はそのリバーゼの分泌を促すのです。血液中に放出されたリバーゼは体脂肪に働きかけ、燃焼される準備が整うのです。ダイエットお茶として有酸素運動に似た効果が期待できるのです。

さてプーアール茶にはもうひとつの効果があります。食事で摂取した脂肪は、体内で胆汁と出会うことにより乳化されます。乳化された脂肪は体内に取り込まれていきます。しかしもし、乳化がなされなければ、すなわち胆汁から作用を受けなければ、摂取した脂肪が体内に取り込まれることはない訳です。プーアール茶に含まれる没食子酸と重合カテキンは、脂肪が胆汁から受ける作用をはねつけます。そのため体外に排出されるのです。

このようにプーアール茶はダイエットお茶として非常に有望です。